お住まいの買い替えの流れ

買い替えには2つのタイプがあります

買い替えには売却後、新居を購入するご売却先行型と、ご購入後に売却を行う、ご購入先行型があります。お客様の現在の状況や、資金面を考慮し、どちらを洗濯すべきか、最適な方法をご提案させていただきます。 どちらもメリットデメリットがございます。
下記にメリット、デメリットと、売却を先行した場合、購入を先行した場合の全体の流れをまとめました。

ご売却先行型の場合

ご売却先行型の場合の流れ

ご売却先行型のメリット

売却代金が明確なので、買い替えの為の資金計画が立てやすい
売り褪せる必要がないので、価格交渉などの面でもある程度有利
タイムリミットがないので余裕をもって売却の活動が可能

ご売約先行型のデメリット

売却が決まれば、引き渡し日までに買い替え物件を決めなければならない 希望物件がなく、妥協しなくてはならないケースもあり 購入物件が未完成で、引き渡しまでに時間がかかる場合、仮住まいの必要性がでてくる。

ご売却先行型はこんな方にオススメ!

不動産の買い替えは、予定していた資金計画通りに進めたい方。焦らず新居をご購入されたい方。

ご購入先行型の場合

ご購入先行型の場合の流れ

ご購入先行型のメリット

希望の物件をじっくり探すことができる
物件が未完成(引き渡しが長い)であれば、余裕をもって物件探しをすることができる
仮住まいなど、無駄な費用がかからない

ご購入先行型のデメリット

ご購入の資金を先に準備する必要がある
売却の時期や売却の価格が確定していないので、資金計画が狂う可能性がある
売却のめどが立たないと、ローンを2重で支払わなければならない可能性があります。→このような形にならない為に、当社にアドバイザーがおりますので、ご安心下さい。

ご購入先行型はこんな方にオススメ!

希望の物件をじっくり探したい方。売却活動にも専念したい方。ただし、資金力のある方。

買い替えの売却・購入先行の割合

当社の場合ですと、売却先行のお客様が多いです。

安心査定・ご売却とご購入のタイミング・残金のお受け取りとお支払いの時期を一致させるのが理想ですが、現実難しいです。ですが、少しでもお客様にとってより良い売却方法をご提案する為に、当社には不動産の買い替えの専門のアドバイザーがおります。不動産を売って買いたいけどどうしたらいいのか......そんなお客様は下記ボタンよりお問い合わせ下さい。

お住まいの買い替えご相談

不動産売却の各種事例

不動産の売却事例

下のボタンより当社で不動産をご売却になられたお客様を見ることができます。
全ての情報を開示することはできませんが、ご売却が成立次第こちらに掲載させていただいております。

不動産の売却事例